フェアトレードとは

 フェアトレードとは開発途上国の生産者支援や地球環境の保全に配慮した貿易のしくみのことです。その目的は長い国際貿易の歴史の中で形作られた先進国側に有利な貿易の慣習を改善すること、開発途上国の環境保全や人々の自立支援にあります。

 フェアトレードの定義はかつて様々なものがありましたが、現在は概ね世界的フェアトレードネットワーク「FINE」の共通定義に基づいています。

「FINE」の共通定義

フェアトレードは、対話、透明性、敬意を基盤とし、より公平な条件下で国際貿易を行うことを目指す貿易パートナーシップである。特に「南」の弱い立場にある生産者や労働者に対し、より良い貿易条件を提供し、かつ彼らの権利を守ることにより、フェアトレードは持続可能な発展に貢献する。フェアトレード団体は (消費者に支持されることによって)、生産者の支援、啓発活動、および従来の国際貿易のルールと慣行を変える運動に積極的に取り組む事を約束する。

Copyright © 2013-2017 にいがたフェアトレード推進委員会 All rights reserved.
This site is using the FTniigata Child-Theme, v1.0, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.2, from BuyNowShop.com.